祖父名義の土地は父の財産として相続税申告が必要ですか?

依頼主様から、亡くなられたお父様の相続についてのご相談を戴いていたところ、お父様の名古屋市のお住まいについて、建物はお父様の名義でしたが、建物が建っている土地の名義が、お父様ではなくお祖父様であることが判明致しました。昭和40年代にお祖父様が亡くなられた際に、お祖父様の相続人全員の遺産分割協議では、お父様がこの土地を相続されることで話はまとまったのだそうですが、名義変更の手続きをされていないとのことでした。

依頼主様のご心配は、「祖父名義のこの土地を自分の名義にすることができるのかどうか」と、「祖父名義のこの土地は、父の財産として相続税の申告をする必要があるのかどうか」の2点でした。前者については、幸いにしてお父様のご兄弟やそのお子さま方のご理解を得ることができ、お時間と費用はかさんでしまいましたが、依頼主様の名義にすることはそれほどの問題はありませんでした。

後者については、「お父様が相続される」という遺産分割協議が調ったのであれば、お祖父様が亡くなられた時点から、対象の土地は名義にかかわらずお父様の財産ですので、お父様の相続財産として申告をされなければ漏れが生じてしまいます。

相続税の申告には期限がありますが、相続登記の手続きについては期限が設けられていないため、手続きをされずにそのままとなっている不動産は、かなりの件数存在するようです。最近は、ご家族についても多様な形態がみられますし、今回の依頼主様のように、相続人の方々のご協力がスムーズに得られるお話ばかりではない印象を受けております。
「早めの手続き」「遺言書などの事前の対策」は、平凡ですが、相続における不安を最小限にできる方法であると感じます。


関連記事

  1. 相続の開始は20年以上前。土地売却代金を相続人で分配

  2. 息子の消息が不明。相続の手続きはどうなるの?

  3. 表題部のみ登記されている土地を相続しましたけれど・・・②

  4. 兄弟姉妹が相続人。再代襲相続は認められるの?

  5. 相続人である父は認知症のため財産管理や自分のための判断も厳しいです

  6. 表題部のみ登記されている土地を相続しましたけれど・・・①