コロナ渦のため、住宅ローンの返済が厳しい

「Withコロナの時代」と言われております。働き方のリモート化やオンライン接客化をはじめ、私たちは日常生活や意識の変革を促されていますが、コロナによって仕事を失う人々もジワリと増えているようです。

先日、当事務所へ債務整理のご相談にいらした方は、コロナによって収入の大幅な減額をされてしまった方でしたが、住宅ローン以外にも高額の自動車ローンやキャッシングをされていたため、民事再生の手続きにより、住宅を手離すことは何とか免れることができました。
それでも、今以上に収入が減ってしまうことがあるようなら、住宅ローン返済も厳しくなることも考えられます。

住宅ローンの返済が厳しくて生活が苦しくなってくるような場合は、「借り換え」によって現在の金利を低くすることで、毎月の返済額や総返済額が少なくなる可能性があります。「借り換え」が困難であったり、負担減が望めない場合は、現在ローンを組んでいる金融機関にリスケジュールを相談することをお勧めしますが、金融機関からの信用が落ちてしまい、新規の融資を受けづらい事態に陥ってしまうケースがありますので、注意が必要です。

それでも難しい場合には、「任意売却」や、今回のお客様のような「民事再生」を検討する必要も出てきますが、早めの対処の仕方によっては、何らかの道筋を付けられる可能性が望めます。
本当に行き詰まってしまう前に、ご相談戴けたらと思います。


関連記事

  1. 相続人である父は認知症のため財産管理や自分のための判断も厳しいです

  2. 相続登記の登録免許税の免税措置

  3. 相続放棄しても受け取れる保険金

  4. 兄弟姉妹が相続人。再代襲相続は認められるの?

  5. 合資会社の社員の相続

  6. 表題部のみ登記されている土地を相続しましたけれど・・・②